Do Creative,
to the one's mind

Blog

新着記事

出願率が向上するオープンキャンパスの「3つの共通点」

ケシオン企画部

投稿日:2023.4.24

更新日:2023.5.18

弊社は、ある専門学校を「5年間で入学者数を倍増させた」広告会社です。
その際には、学校イメージの再構築=ブランディングと併せて、
オープンキャンパス改善のお手伝いを行ってきました。

オープンキャンパスは、ただ実施すればいいというわけではありません。
回数を増やすだけでなく、
取り組み方や実施内容を見直すことで、出願率の向上に繋げられます。
そこで今回は、弊社が学生募集をお手伝いした学校様をはじめ、
さまざまなオープンキャンパスを見学させていただく中で見えてきた
「学生募集に成功するオープンキャンパスの共通点」
をご紹介します。


1、職員・教員・学生が一致団結している


来校者に満足してもらうためには、
職員・教員・学生が同じ目的のもと、一致団結することが大切です。
しかし、一致団結するためには、ある程度の時間が必要です。
普段からしっかりとコミュニケーションを取りながら、
愛のある教育を行い、お互いの信用・信頼関係を築くことが欠かせません。


2、1回1回のオープンキャンパスを大切にする


1年を通して、オープンキャンパスは何度も行うのが一般的です。
主催者側は「いつものように準備するだけ」かもしれませんが、
入学検討者が参加するのは基本1回だけ。
大きな不安を抱えて来校するみなさんを、
どのように迎え、どのような気持ちで帰宅していただくかを考える必要があります。

細やかにプランを設計・実行し、振り返って課題を見つけ、
次回に向けて新たなプランを設計する、
いわゆるPDCAを回していくことが重要です。


3、全員が共通認識を持ち、動いている


オープンキャンパスの開催中、さまざまな想定外のことが発生します。
そのとき、目の前の来校者に対して、どう対応するのかも大切です。
オープンキャンパスで大切にすることを、
運営する全員が共通認識を持って考えながら対応できるところは学校の強みとなります。
また、「私の学校の良いところはココ」ということを誰に聞いても、
自分の言葉で相手に伝えることができる学校は募集に成功している傾向があります。



まずは、オープンキャンパスを見学させていただけませんか?
専門の担当者により、見学内容をレポートでフィードバックいたします。

▼詳細内容をブログで確認する
オープンキャンパス、「見学」させてもらえませんか?

出願に繋がるオープンキャンパスにしましょう。

この記事を書いた人

ケシオン企画部

学生募集の戦略・企画・改善をおこなう広告会社

ケシオン企画部

学生募集の戦略・企画・改善をおこなう広告会社

▼ご提供できること
市場調査・ターゲット選定などのマーケティング戦略
学校ブランドの再構築
ブランド戦略に基づくクリエイティブ制作
オープンキャンパス改善、広告媒体選定などのプロモーション設計